DA21/3.2Limited + K10D with 拡大アイカップ

この土日は、某山岳会の信州メンバーによる忘年会へ、
関東メンバー3人で向かい、ついでに、松本城周辺を観光してきました。
・・・なんか、日本語間違ってるみたいに見えますが、言葉通りなんです(^_^;)

それはともかく、タイトルにあるように、
先日入手した smc PENTAX-DA 21mm F3.2 AL Limited のテスト後、
実戦配備1回目であると同時に、K10D用として買い忘れていた
気になるオプションの拡大アイカップを入手したので、そのテストも
兼ねて、いつもならGR DIGITALを使うようなシチュエーションで、
K10Dを使ってみました。写真はすべてこの組み合わせによるものです。

お堀に映える、国宝・松本城天守です。
画像


この拡大アイカップ、実売価格3千円しないのですが
コーティングの反射を見てみるとどうやらsmcを施してあるようで、
事前に見た感じでも、ファインダーの見え方の切れ味も十分確保されている感じ
だったので、期待していましたが・・・実にイイ!外して使う気にはなれない!!

確かに、説明書にも書かれていましたが、眼鏡を使用していることもあって
ファインダー像が少々ケラれる感じもあるし、視線を少しずらさないと
ファインダー内表示がかなり見えにくいという欠点もあります。

ですが、フィルム一眼でLXをメインに使っていた頃も、
ファインダー倍率が高いため同じようにケラれる感じもあったし、
そもそもファインダー内の表示はほとんど確認しないクセがあるので、
あまり気になりません。

そして・・・夕暮れ後の松本の街にはこんなものが
画像


こちらは、忘年会本番前に軽くひっかけていった0次会の場所です。
画像


こういう風に、フラッシュ無しで現場の雰囲気を、さほど明るくないレンズでも
気軽に撮れるようにしてしまう手ブレ補正、やっぱりスゴイですね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック