テーマ:写真論

今年の千本桜を、K-7のライブビューモードで

ここ数年この時期には平日の用事の後で近場の千本桜を撮りに行ってますが、 振り返ってみたら去年は記事書いてなかったですね。 それはともかく、今回初めて雨にたたられて、あまり気分が乗らなかったものの、 とにかく行ってみようと。 PENTAX K-7 + DA15/4 Limited,MTF優先プログラムAE(F5.6) +2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

手ブレ補正の威力

決して、手プレ補正機構が付いているからK10Dが欲しかったワケではなく、 その機能を流用しているCCDのダストリムーバル機構だけが欲しかったくらい。 以前も何度か、カメラの機能をクルマに例えてみてますが、 手ブレ補正は、トヨタのVSCや日産のVDCといった、クルマの横滑りなどを 防止するための機構のこと、に相当するのかな? …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フォーカシングシステムについて、もう一度

“カメラの「フォーカシング」は、クルマの「ステアリング」” で、ワタクシのAF/MFについての考え方を示しましたが、 特に一眼について、そういう思想となった背景をば。 中学時代に写真のイロハを学んだものの、 世界初のシステムとしてのAF一眼が登場した高校時代には、 カメラ雑誌にAF/MFの優劣などに関する議論が戦わされてた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カメラの「フォーカシング」は、クルマの「ステアリング」

「テクノロジー革命を経ても変わらないもの」で、カメラをクルマになぞらえて、 露出制御をエンジン制御としてみたのですが、では、ピント合わせ、 つまりフォーカシングは、ハンドル操作つまりステアリングになるのかな?と。 そこで改めて考えると、それぞれ共通項があるように思います。それは・・・ (1)感性や好みによって答えはいくら…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

テクノロジー革命を経ても変わらないもの(2)

クルマはMT、銀塩カメラはMF一眼 ・・・これでは、いわゆる懐古趣味的なコダワリと思われても   仕方ない書き方でしたが、決してそうではないんです ------------------------------------------------------------- MF・AFということについては、別の機会に考え方を…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

テクノロジー革命を経ても変わらないもの(1)

これまで写真・カメラのことばかり書いてきましたが、 結構、クルマ好きでもあります(会ったことのあるヒトには割と知られてます) 前に乗ってたクルマが初めての愛車で、初代プリメーラの5MT、 今乗っているのが、3代目にして最終モデルとなってしまった プリメーラセダンの、マイナーチェンジ前に存在した6MT専用グレード という、3…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

木彫展@小田原

昨日、定年退職された元上司が木彫展に出展されているので、 それを見に、小田原宿なりわい交流館へ・・・っていうか、 もうかなり散ってるけど花見ついでに(^_^;) 案の定、小田原城のお堀端はこんな感じに散ってました。 さて、木彫の撮影は薄暗い室内ですが、 三脚は持参してなかったので、GRで手持ち・ISO200の中感度…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

いい写真とは?・・・

・・・実際に見ることで得られる感動を、何らかの点で上回っている、    そう感じられる写真こそが、ワタクシの目指す「いい写真」です。 誤解を恐れずに書くならば、 「いい写真」とは、「真実」を「写し」たもの・・・なんかではない(^_^;) 真実、つまり現実に被写体を見た場所での撮影者の視点から、 写真として切り取ることに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いいカメラとは?・・・

・・・使う人の「感性」を刺激するが「理性」の邪魔はしないものであるべき、   そう思います。 補足すると、使う人が実行しようとしている撮影技術をスムーズにサポートする 操作性を持ち、かつ、操作感・モノとしての質感や光学ファインダー像、 液晶画面像、撮影情報などによりフレーミングや露出を決める過程が、 その人の表現力をより良…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「理論」と「感性」

最近、某山岳会の仲間から、デジカメの選び方について、 ちょっと真剣に意見を求められることが何度かありました。 そのことを思い出したのと、旧myBBSの方でワタクシが レスしたことも踏まえて、改めてここでも話題にしたいと思います。 写真に限らず、ゲージュツにとって「理論」と「感性」どっちが大事? ・・・そう書いてしま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最初で最後のコンテスト応募・・・

何を隠そう、ワタクシは写真というモノを趣味にして以来、コンテストの類に一度も応募したことも無ければ、応募したいと思ったことすらなかった・・・GRのコンテストの告知を見るまでは。 写真・カメラの知識を吸収しようとしていた中学時代、とあるカメラ雑誌を購読していたが、フォトコンテストのコーナーを見る度に、疑問ばかりが浮かんでいた・・…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more