K10D 実戦1stインプレッション

昨日は、某山岳会の恒例企画で、
富士山を見に、山中湖の北にある杓子山に登ってきました。
そしてここが、K10D初の実戦配備となりました(^o^)

画像

撮影条件は、smc PENTAX-FA Zoom 20-35mm F4 AL使用、
絞り優先AE(F8.0)で、それ以外はすべて標準設定です。
(実際はRAW+JPEGで撮ってますが、結局JPEGの方をそのまま載せました)

画質に関しては、まだまだこれから使い込まないと分かりませんが、
傾向としては、素材としての素性がいい *ist D を受け継いでいるようです。

そして、操作性についてですが、あらかじめカスタムファンクションで

・後ダイヤル=原則として、絞りorプログラムシフト
・前ダイヤル=原則として、露出補正
・モードダイヤルのUSERポジションではRAW+JPEG(ナチュラル)、絞り優先AE
・モードダイヤルのUSER以外では、JPEG(鮮やか)
・RAWボタンは、1ショットRAWからJPEG・RAW交互切り替えに変更
・プレビューは光学プレビューからデジタルプレビューに変更

といった感じにカスタマイズしておいたところ、 *ist D と違って
RAWとJPEGの切り替えが1アクションで済むことが一番好感触♪、
それに、ファインダーや情報ディスプレーも充実かつ見やすいので、
初めての実戦配備にしては、非常に誤操作が少なかったです。

他には、AFは作品撮りではほとんど使わないのですが、
スナップでは結構使うので、*ist D の、構えたままではやりにくかった
AF/MFの切り替えスライドスイッチが、K10Dではレバー式になったのも、
これまた好感触♪♪でした。

総じてK10Dは、期待に違わぬ出来だと自信を持ってオススメ出来ますね。

でも、そんなことはここで言わなくても、生産が追いつかなくて供給不足が
ニュースになるほどの人気が、既に証明しているのかも知れません
・・・早々に予約していて良かった(^_^)v

"K10D 実戦1stインプレッション" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント