梅雨入り間際の涸沢カール・北穂高岳

この土日は、某山岳会の有志で、
残雪の北穂高岳を目指して、涸沢テント泊の1泊2日山行へ。

ワタクシ的には、涸沢には紅葉の時期に何度か行ってるけど、
穂高と名の付く山へは未だ登ったことが無く、今回が初です。

本谷橋周辺からは、こんな風に、今回目指す北穂高岳が見えます。
画像

PENTAX K-7 / MTF優先プログラムAE ±0 / 分割測光 / カスタムイメージ雅(MIYABI)
ハイライト補正ON / ISOオート(200~400) / smc PENTAX-DA 15mm F4 ED AL Limited
F7.1, 1/1600sec @ISO200 / 手持ち撮影 / 手ブレ補正ON / オートホワイトバランス
親指AF / RAW+ / 彩度+2、キー+2、コントラスト+2にてカメラ内現像


涸沢が近づくにつれて、残雪が途切れなくなり、
涸沢が見えるところあたりからは、こんな風に延々続く大雪渓に!
画像

GR DIGITAL III / プログラムAE±0 (F5.6, 1/1740sec)
ISOオート(64) / Fineモード / マルチパターンAUTOホワイトバランス / マルチAF / 手持ち撮影


涸沢のテント場から、左から奥穂高岳・涸沢岳・北穂高岳方面を望む
画像

PENTAX K-7 / MTF優先プログラムAE ±0 / 分割測光 / カスタムイメージ雅(MIYABI)
ハイライト補正ON / ISOオート(200~400) / smc PENTAX-DA 15mm F4 ED AL Limited
F7.1, 1/3200sec @ISO200 / 手持ち撮影 / 手ブレ補正ON / オートホワイトバランス
親指AF / RAW+ / 彩度+2、キー+1、コントラスト+2にてカメラ内現像


翌朝、こんな風に曇ってはいるものの、穏やかな天候なので、
予定通り北穂高岳へ向かいますが・・・延々こんな残雪上を直登です!(^_^;)
画像

PENTAX K-7 / MTF優先プログラムAE ±0 / 分割測光 / カスタムイメージ雅(MIYABI)
ハイライト補正ON / ISOオート(200~400) / smc PENTAX-DA 15mm F4 ED AL Limited
撮影デ-タ詳細省略


そして、山頂直下の稜線に近づくにつれて青空が見えてきました
画像

撮影デ-タ同上

そして、北穂高岳山頂!
画像

撮影デ-タ同上、ただし露出補正+0.3

槍ヶ岳方面は、ガスで見え隠れしながらもこんな風景を拝めました(^_^)v
画像

PENTAX K-7 / MTF優先プログラムAE +0.3 / 分割測光 / カスタムイメージ雅(MIYABI)
ハイライト補正ON / ISOオート(200~400) / smc PENTAX-DA 15mm F4 ED AL Limited
F7.1, 1/1000sec @ISO200 / 手持ち撮影 / 手ブレ補正ON / オートホワイトバランス
親指AF / RAW+ / 彩度+2、キー+2、コントラスト+3にてカメラ内現像


結果的に、金曜までの天気予報で心配された日曜の天候も、
行程の最後、上高地バスターミナルに到着するまで雨は全く降らず、
その後のタクシーと帰路のクルマで降ってきた、という、ホントにギリギリ
「梅雨入り間際」の素晴らしい山行でした♪

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック