蛭ヶ岳日帰り山行&自己ベスト更新!

今年初の山行の場は、いつもの塔ノ岳に、更にその奥どこまで行けるか?
を試す、自分との戦い!モードで、丹沢最高峰・蛭ヶ岳を目指してみることに。

思えば蛭ヶ岳には、5年ほど前の、
ワタクシ的初小屋泊山行(蛭ヶ岳山荘)以来、訪れていない。

なぜなら、フツウには日帰りで行ける範疇ではないし、
かといって、地元の丹沢に泊まりで行くのはあまりココロ惹かれないから。

でも、前回の経験から、自転車で培った今の体力をもってすれば、
日帰り蛭ヶ岳登頂も夢ではない、と思えたから。

大倉バス停   7:08
駒止茶屋     7:57
堀山の家     8:09
花立山荘     8:36
塔ノ岳山頂 着 8:56
(GR DIGITAL II)
画像

というワケで、大倉尾根自己ベストを5分も短縮の、1時間48分!

ま、順調ながら自己ベスト更新ならなかった前回と違って、
前半飛ばしすぎたためか後半で若干エネルギー切れっぽかったのと、
花立山荘以降で変な姿勢になったときに何度か足が攣りそうになったので、
この記録を更に越えるのは至難の業でしょうね。

塔ノ岳山頂 発  9:22
丹沢山山頂    10:00
(PENTAX OptioW60)
画像

棚沢ノ頭     10:34
蛭ヶ岳山頂 着 11:02
(PENTAX OptioW60)
画像

地図上の往路標準タイム合計5時間半ほどのところ、
なんと休憩含めて3時間54分、塔ノ岳山頂休憩を除くと3時間28分!!
・・・いくらなんでも速すぎ(^_^;)

蛭ヶ岳山頂 発 11:38
丹沢山山頂   12:39
塔ノ岳山頂 着 13:20

ほら、だから言わんこっちゃ無い、アップダウンあるとはいえ下山方向、
蛭→塔のタイムが往路よりむしろ僅かながら遅くなってる
・・・ってことは、バテ気味間違いなし(^_^;)

なので、登り始める前から一応、
大倉尾根ピストンでのタイムを見たいと仮決定していたのものの、
復路での塔ノ岳山頂休憩で、ちょっと回復して「行けるかも?」と思った
表尾根での下山には、その前の「バテ気味」という認識に素直に従って、
変更せず。

塔ノ岳山頂 発 13:32
花立山荘     13:47
堀山の家     14:08
雑事場      14:40
大倉バス停   15:07

久々に下った大倉尾根、登りは何度もだけど下りは確か3回目。

ワタクシの場合、登山で筋肉痛はあっても膝関節痛は経験無いので、
あの急な尾根を、バテ気味にも関わらず1時間35分で降りられたけど、
フツウはやるもんじゃないっすよ(^_^;)

でも、こうして改めて記録全般を眺めてみると、大倉からの蛭ヶ岳が、
総合でほぼ8時間で往復してしまっているというのは、
フツウにはあり得ない感じ(^_^)v

改めて地図見ながら、これくらい歩けるのなら、
道志道(R413)に抜ける日帰り丹沢縦走の方がもしかしたら楽だった?!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック