“標準”レンズテスト by K10D

今日は、恐らくGR DIGITALを手にした直後以来、1年ほどもやってない、
純粋に写真を撮るためだけのお出かけ・・・といっても、クルマで30分ほどで
着いてしまう(^_^;) 神奈川県立フラワーセンター大船植物園 へ。

こちらは、温室にあるベニゴウカンという花で、
花マクロ系テストで以前からよく撮っている被写体です。
画像

画像

この2枚は、昨日の記事にあるSIGMAの24mm(上)とDA21Limited(下)で
撮ったものです。撮影条件は、MF・JPEGの鮮やかモード・F4.0の絞り優先AE、
それ以外はK10Dの標準設定です。

画角が違うため遠近感とボケ具合に差があるので、一概には言えませんが、
この2枚を見る限りにおいては、かたやたった1万円の中古&絶版安レンズ、
こなた最新設計の5万ほどする単焦点レンズ、とは思えないです!
でも、前者はやっぱり使い道が限定される感じなんですよねぇ~(^_^;)

上記の単焦点2本に加えて、標準域の2本のズームをまじめに比べてみました。
なお作例は分かるように大きいまま載せるときりがないので、インプレだけです。

-------------------------------------------------------------

SIGMA AF 24mm F2.8 "SUPER WIDE II MACRO"
 絞り開放はほとんど使い物にならないが、半絞り絞っただけでグッと良くなる。
 ただし、F4以上に絞り込んでもほとんど良くならならず、周辺部がちょい甘。
 また、AFでもMFでもピントの歩留まりが良くない。どうもガタがあるみたい。
 ただし、上の作例のように、花のアップでちゃんと使えば驚くほど良く写る。
 ボケ味もGood。ただし、PENTAXの色より若干青みがかかる傾向あり。

smc PENTAX-DA 21mm F3.2 AL Limited
 絞り開放でも許容レベルの描写力だけど、絞り込むにつれて素直に良くなる。
 実用的にはF4以上に画質のために絞る必要なし。上記SIGMAと比べると、
 非常に線が細く、パッと見はシャープネスが足りないように思えるけれども、
 よく見ると繊細な描写という感じ。

smc PENTAX-DA 18-55mm F3.5-5.6 AL(21mm域)
 開放から絞っていっても右下隅の描写がほとんど改善しない。
 他の隅も甘いが許容範囲なので、安い標準ズームの個体差によるものか?

smc PENTAX-FA 20-35mm F4 AL(広角端)
 F5.6までは周辺部が甘い。しかも、その甘い領域が上記SIGMAより広い。
 ただし、F8では単焦点レンズ並みと言って良い描写力を持つに至る。

-------------------------------------------------------------

以上、今までDA21Limitedを除くレンズを使ってきた印象と、ほぼ同じ結果が
得られていますが、思っていたよりFA20-35ズームの描写力が振るわなかった
感じです。まぁ、確かにほとんどF8以上に絞って使ってましたからねぇ。

これで、花限定でSIGMA、常用はDA21Limited、風景用の抑えでFA20-35、
どうしても1本で中望遠まで欲しいときにDA18-55・・・これ、使わないかも(^_^;)


ちなみに上の2枚はDA21Limitedの最短撮影距離20cmで比較したものですが
SIGMAの方はここまで寄れます。これが、このレンズを手放せない理由です。
画像


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

ベイシラマンダ
2006年12月18日 10:46
拝見致しました、あの当時のシグマも結構使えますね!
DA21/3.2はさすがにヌケが良い様ですね。
この様な各種比較画像はとても参考になります。
2006年12月18日 12:58
ベイシラマンダさん、
某レンズ系クラブでは大変ご無沙汰してます
&コメントありがとうございますm(_ _)m

以前にもSIGMAの24と、FA20-35&FA☆24を、
近接域で比較テストしたことがあるのですが、
その範疇ではなんとSIGMAが一番良好でした。

ただ、やはり純正でないこともあり、
絞り開放でオーバー、絞るとアンダーと、
ROMが変なのか絞り制御に難があるタマです。

でも、マクロ域の描写力はたいしたもので、
花狙いが分かっている時はつい持ち出して
しまいます。

今回は、遠景・近景も含めた総合的な比較を
したので、やはりDA21Limitedが順当な勝利
をおさめましたが、実はFA20-35も近接域は
かなり良い印象があり、そのためズーム嫌い
ですがこのレンズだけは褒めていました。
ベイシラマンダ
2006年12月18日 23:12
同じ地域の行動範囲なのになかなかお目にかかれませんね。(^^)
FA20-35/4は評判良いレンズですがこの辺がDSLRで使うとちょっと違うのかも知れませんね、興味深いです。
2006年12月19日 00:07
そうなんですよ、
銀塩では単焦点が必要とは
特別思わなかったほどでした。
ま、ワタクシの場合は人工物はあまり
撮影対象にならないので、歪曲が目立つ
建造物とかでは印象が違うのでしょうけど。

でも、やっぱりAPS-Cサイズだと
標準から広角のショートズームで中途半端。
ま、それはワタクシ的には別に良いのですが、
もう少し絞り開放に近い側から性能が出れば、
という欲が出てしまう・・・

となれば、ムダに大きいくせに
絞らないと使えないレンズ、となってしまい、
必然的に、DA21/3.2Limitedが、その広角端と
ほぼ同じで超コンパクト&2/3絞り明るい♪
というワケです(^o^)
2006年12月19日 00:19
上のカキコは実はタテマエでして(^_^;)

実はDA21/3.2Limitedが欲しくなる前には、
来春発売予定の防滴仕様DA☆16-50/2.8を
待ちこがれていたのですが、今まで銀塩でも
デジでも、たかだかF2.8なのに巨大な図体で
あることを嫌って全く触手を伸ばさなかった
くせに・・・と。

でも、
放っておくとやっぱり買いかねない(^_^;)
なので、そんな状態をおさめるために、
元々好きな単焦点で何かK10Dにピッタリな
レンズはないか?と考えた結果、なのでした。

この記事へのトラックバック