テクノロジー革命を経ても変わらないもの(2)

クルマはMT、銀塩カメラはMF一眼
・・・これでは、いわゆる懐古趣味的なコダワリと思われても
  仕方ない書き方でしたが、決してそうではないんです

-------------------------------------------------------------

MF・AFということについては、別の機会に考え方を挙げたいと思いますので、
ここでは述べるのはMF一眼全盛期(1980年代頃)の銀塩カメラの露出制御法、
つまり当時主流の絞り優先AEというシンプルな手法を前提としての考え方です。

-------------------------------------------------------------

カメラがデジタルになって革命的に変わったことは、その場で画像を確認出来る
ようになったことに尽きると思います。このことは、逆に、露出の知識など無くても
結果を確認することで撮り直しなどのアクションをその場でとれる、つまり、
すぐにフィードバック出来るということであり、また、それ自身にはコストが
何らかからないから、試し撮りがいくらでも出来る、ということも革命的です。

でも、果たしてそれで思い通りの結果が得られるのでしょうか?

銀塩では、デジタルには当たり前に存在する「即時性」が無いがために、
露出とは何かを学び、撮った結果を現像した後で、つまり別の機会に見直し、
その経験を次の撮影に生かす、ということが必要不可欠でした。

-------------------------------------------------------------

こう書いてしまうと、デジタルはその即時性から、フィードバックに要する時間が
短くなっただけではないかと思われがちですが、そうではないと思います。

理論的な背景が無くても撮れてしまうし、撮り直しもカンタンだから、
なぜそうなるのかを考える時間を与えてくれない、つまり理論を伴わないから、
よく似たシチュエーションでは対応出来ても、明らかに違う場合には、
どうしたらいいか迷うことになる。

それに、露出一つとってみても、感度というコントロール出来るパラメータが
増えているにも関わらず、それも自動化されていることが多いし、また、
ホワイトバランスや色そのものも露出制御に関わってくるのに、それすら
自動化されているものだから、実際は銀塩よりもメチャクチャ複雑なのに、
とてもカンタンに撮れるモノだと勘違いしてしまう。

-------------------------------------------------------------

クルマに置き換えて考えると、少しわかりやすいかも?

MTならば、内燃機関のエンジンにトルクバンドが存在することを身をもって
理解することが出来るし、速く走るにはどうすればいいか、燃費良く走るには
どうシフトワークをすればいいか、それも理解しやすい。

そして何より、クラッチ操作をきちんと行う必要があるので、これまた
自然にシートポジションが理想に近くなるし、これは非常時への対応のしやすさ、
つまり安全運転にも寄与する。

それが、ATだと、トルクコンバーターやCVTによってトルクバンドの存在感が
希薄になるため理解しにくくなるし、また、踏めば走るし止まるので、
踏める位置ならどんなシートポジションでも運転できてしまうから、
非常時の対応で不安全なのが(MT乗りから見ると)分かり切っている状態で
運転しているヒトをよく見かける。

-------------------------------------------------------------

よ~するに、テクノロジー革命があっても、それはその世界を
単純化するものでは決して無く、むしろ、それを突き詰める時に
知っておかなければならない事柄が実際には増大しているのだと、
ワタクシは思うのです。

だから、銀塩時代に写真の基本を学んだことは、
決してムダにはなっていないばかりか、逆に、デジタル世代から
写真を学ぼうとしているヒトたちは、一度に覚えなければならないことが
あまりにも増えすぎていて、かわいそうだなぁ、なんて思うのです。

-------------------------------------------------------------

写真表現のツールとしてどちらが適切なのか、ということが、
テクノロジー革命によって変わってきたということ、それだけであり、
写真の基本、光を絞りとシャッターでコントロールして画像化する、
そのことは銀塩だろうがデジタルだろうが変わるはずがないのですから。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ゆーじろー
2006年05月11日 12:32
高速道の渋滞でノロノロ運転の時に足を組んで運転していたのはわたしです・・・
2006年05月11日 23:18
あ、べつにそーいうのを避難してるワケじゃないゾ
どういうのかを書き出すときりがないので、
やめておくけど(^_^;)

この記事へのトラックバック