いい写真とは?・・・

・・・実際に見ることで得られる感動を、何らかの点で上回っている、
   そう感じられる写真こそが、ワタクシの目指す「いい写真」です。

誤解を恐れずに書くならば、
「いい写真」とは、「真実」を「写し」たもの・・・なんかではない(^_^;)

真実、つまり現実に被写体を見た場所での撮影者の視点から、
写真として切り取ることによって、その場で見た状況以上の何かを
感じられるような、悪く言えば、見る人を騙す能力の高い写真ほど、
いい写真だと、そう思っています。

いや、ある「瞬間」の一つの見方における「真実」であるからこそ、
写真として記録出来るのではあるけれども、それが「真実」であるのは
その「瞬間」だけで、極論すれば、その時を除いては「虚構」だとも言える。

・・・だからこそ、その写真には、人を感動させる何かが備わる、
  そんな風にさえ思います。

そして、撮影者自らがいつまでも見飽きない感動を覚える写真であること、
これが一番大事だと、そう思っています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック