いいカメラとは?・・・

・・・使う人の「感性」を刺激するが「理性」の邪魔はしないものであるべき、
  そう思います。

補足すると、使う人が実行しようとしている撮影技術をスムーズにサポートする
操作性を持ち、かつ、操作感・モノとしての質感や光学ファインダー像、
液晶画面像、撮影情報などによりフレーミングや露出を決める過程が、
その人の表現力をより良く引き出す、そんなカメラだということでしょうか。

でも・・・

フィルムカメラ時代には、極論すれば、レンズとシャッターの性能が決まれば
選んだフィルムや印画紙によってその表現力は自ずと決まるという、
割とシンプルな関係が成り立っていました。

しかし、デジタルカメラにあっては、フィルムに相当する撮像素子や
その像を処理する画像エンジン(ソフトウェア)、そしてそれを見るための
方法、つまり液晶やCRTといったディスプレーなのかプリンタなのか・・・

あまりにも、カメラを買う段階で考慮しなければならない要素が増えすぎて、
どんなカメラが自分にとっていいのかを判断することが極めて難しくなっている、
そんな風に感じます。

だから、フィルムカメラ時代に写真の基本を学び、いいカメラとは?
という問いに対してある程度の価値観が身に付いていたワタクシの世代
から見ると、デジカメ全盛の時代から写真を学ぼうとしている人たちには、
途方もなく広範囲の知識を初めから要求されることが、大変だなぁ、なんて
思ったりします。

そんなワタクシが、
冒頭の“使う人の「感性」を刺激するが「理性」の邪魔はしない”道具として、
自分自身にあっていると思うカメラが、GR DIGITALであり、*ist D であり、
フィルム一眼ならPENTAX LXだったりするのですが、それが何故かを
説明するのは、より新しいカメラほど難しい、そんな気がします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック