「ねいちゃぁぽぉとれぃと」なブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 2つのGR

<<   作成日時 : 2006/04/12 23:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

GR DIGITALを予約購入したワケ、それはGR1sユーザーであったことが、
大きな理由なのは間違いない・・・けれども、その2つのGRはワタクシにとって、
全く異なるポジションのカメラであることをつくづく感じます、
銀塩かデジタルかという意味合いを越えた領域で。

銀塩GRは、1つの究極を具現化した銀塩カメラだと、今でもそう思ってます。
GR1sで銀塩GRの描写力・操作性のすばらしさを実感していたため、
何度もGR21を買いに走っては、はたと我に返って思いとどまったくらい(^_^;)

何故なら、基本的に花など近距離撮影が多いワタクシには、
銀塩だと一眼レフ&MFでないとマトモに撮れないことが多いがために、
GR1sを、自分にとっては極めて限られたシチュエーションでしか
使いこなせていないという事実があったからです。

しかしながら、GRのデジタル化は、その最大の欠点である、比較的近距離での
フォーカシングに関する問題を、非一眼レフとしては高い次元で解消しています。

そのことから、ワタクシにとってGRの位置づけが、単なるサブカメラだった銀塩GR
とは全く異なり、相当本気でなければ一眼デジを持ち出さない、むしろGRだけで
挑むことさえ多い、そういう位置づけに変貌しました・・・要は2つのGR、
銀塩とデジタルでは撮影スタイルが全く変わったのです。

**************************************************************

上であえて「最短撮影距離」「近接撮影能力」という言葉を使わなかったワケ、
それは単にスペック上のレンズが寄れる数値としてということではなく、
フォーカシング・システム(AF/MFの違いではない)との密接な関係があるからです。

カメラのデジタル化は、画像がデジタル・データであるということだけでなく、
像を記録する部分が画像処理デバイスになるため、それをフォーカシングに利用
出来るという、銀塩カメラには到底真似の出来ない芸当を可能にしました。

それは、原理上、画面のあらゆる部分を測距点にすることが出来る、
という、GRで言うところの「AFターゲット移動機能」のことです。
(実際には画面周辺部には移動出来ませんので、若干制約はありますが・・・)

その点では、GRは一眼デジカメをも越えていると言えるかもしれません。

いくら多点測距を謳っても、花の近接撮影では、ピンポイントでフォーカシングを
しなければならないことが多く、更に、花が「動かない」ことは結構珍しい・・・
風で少なからず揺れていることがほとんどなので、常にフォーカシング調整が
必要になるということから、全く使い物にならないのが一眼レフ(銀塩でもデジタルでも)
のAFシステムなので、フォーカシング・システムとしてMFしか選びようがない。

でも、GRならばAFでも撮れます・・・いや、AFでないと撮れない?(^_^;)
これは一眼レフのフォーカシングスクリーンによるMFと液晶画面のMFでは、
あまりにも使い勝手や通常使用状態での精度が違いすぎるからです。
(液晶でもアップにすれば精度良く出来るけど、フレーミングと両立しないので)

あえて「AFでも撮れます」と書いたのは、風が強い時には、花の揺れが収まる
一瞬をひたすら待ち続けながらフォーカシングを調整するのは、今あるどんな
AFシステムでもムリな話で、一眼レフによるMFにはかなわないからです。

だから、GRとて完璧ではないのですが
・・・ワタクシが必要とする条件の下では、最高のAFなのかもしれません。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ピクセル・画素とは?
ピクセル・画素 ピクセル (pixel) とはコンピュータで画像を扱うときの最小... ...続きを見る
花名所めぐり
2007/01/31 21:36

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ん〜・・・HNの「−」の文字が落ち着きなくて
あちこち移動しちゃうのよねー(笑)

GRとは関係ないけど、ついにコンデジにも1000万画素
登場だねぇ。高画素競争も頭打ちかな?って思っていたんだけど
甘かったな〜。
ゆーじろ
2006/04/26 22:58
新型EXILIMのことだよね、10Mピクセルって。

まぁ、コンパクトデジカメだと、いくら
がんばってみても1画素当たりの面積を
大きくしてダイナミックレンジを稼ぐより
単純に画素数を増やしてその画像処理を
練り上げることの方が、案外、高画質化の
近道だということがGRを使ってみて
分かったので、ムダとは言わないけど・・・

画像1つ当たりの記憶容量が増大してしまう
ことが、かなり問題かな?

実際、6Mピクセルのデジ一眼と8MのGRで、
どっちが総合的に高画質か?と問われたら、
異論はあるかもしれないけど、やはり旧型でも
デジ一眼の方がポテンシャルは上だと言わざるを
得ない。

だから、GRのようなコンセプトではない、
一般向けコンパクトデジカメでの10Mは、
結局賛成できないね、個人的には。
〜(^^ )〜ike(管理人)
2006/04/27 01:54

コメントする help

ニックネーム
本 文
2つのGR 「ねいちゃぁぽぉとれぃと」なブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる